いい夢みてる?

夢日記を公開したり、仕事のことを書いたり、思いつくまま気のむくまま

雑記 ~ 職員室、そんなに早く閉めないで! ~

 今日、私は燃えていた。私は本年度、2校で計7種類の授業を担当している。だから、定期考査を毎回7つ作成しなければならない。2学期の期末考査が直前にせまり、私はテストを作成する気力に満ちあふれていたのだ。学校でテスト作成に集中するため、私は日曜にゆっくりと休んで、気力を蓄えていた。

 放課後、エンジン全開で私は問題を作成した。午後6時すぎ、私はまだまだ気力に満ち溢れており、予定では午後8時くらいまで猛烈な勢いで問題を作成する予定だった。しかし、教頭の突然のひとことに、私は絶句した。

 「6時半に、職員室、閉めますので。」

 ありえない! 私は2校に勤務しているので、出勤できる日時が限られているのだ。出勤できる日に、可能なかぎり仕事をしたいのである。教頭は、続けて言った。

 「先生方、いつも遅くまで仕事してくださってるから、たまには早く帰ってもらわないとね。」

 いやいやいや!!! もっとも忙しい定期考査の時期に、職員室を早く閉めてどうするんだ!! 逆!!! 逆!!! この時期こそ、遅い時間まで開けておいてくれ!!

 とにかく、もうすぐ職員室を閉めるということなので、仕事をお持ち帰りすることが確定した。私は肩を落とした。そして、続けて教頭が私に言ったことばに、私はさらに呆然とした。

 「先生は、次に出勤するのは木曜日ですよね? その日は、5時半に職員室を閉めますので。」

 ありえないにも程がある。これでは、学校でまともにテストが作成できない。こんなことなら、日曜にゆっくりするんじゃなかった。

 職員室が早く閉まるので、テスト作成は家でしなければならないだろう。もしかしたら、今週は2回くらい徹夜するハメになるかもしれない。そもそも、こんなことを、今こうして書いている場合なんだろうか・・・。

                        < 完 >

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました

夢日記 ~ 異常な天井 ~

 同僚のD先生(40代・女性)が講師室の天井を指さして、「あれ知ってた?」と言ってきた。私が天井を見上げてみると、天井に信じがたい量のフジツボがくっついていた。

 しかし、私はすでに知っているどころか、その大量のフジツボの一部をしばらく前にこそぎ取って処理していた。それでも、依然として大量のフジツボが天井にくっついていたのである。

 私は、「このフジツボを何とかするためには、一度、講師室を完全に『サラ』の状態にして、ビニールシートひいて掃除しなければいけませんよね?」と、D先生に大がかりな掃除のプランを提案した。

                            < 完 >

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録

夢日記 ~ パイ生地の生首 ~

 私の前に、パイ生地で作られたような、リアルサイズの生首のようなモノが4つ転がっていた。生首は、ひとつずつ、私のほうに飛んで向かってきた。私の隣には不審な男がおり、そのひとつひとつの生首について、「これは興味ありません」とか「これは要りません」とかコメントをしてきた。

 私は、そのコメントをテキトーに聞き流しながら、飛んできた生首をひとつひとつ、右の拳で殴り潰していった。

                        < 完 >

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録

雑記 ~ おい! マグネット返せ!! ~

 5年ほど前、小さいのに非常に強力なマグネットが100均で売られていることを知った。たしか、5個セットで100円だったと思うが、私は生徒たちが作成した展示物をキレイに黒板に貼るため、そのマグネットを自費で100個ほど買った

 その翌年、私はある若い先生からそのマグネットを貸してほしいと言われて、50個ほど貸した。しかし、いつまで経ってもマグネットを返してくれる気配がない。どうしたものかと思っていたら、その先生がこんなことを言ったのだ。

 「あのマグネットなんですけど、Y先生(50代・男性)から『貸してほしい』って言われたんです。で、『借りたものなので、返さないといけなんです』と答えたら、Y先生が『別に返さんでええやろ?』って言って、あのマグネットを持っていってしまいまして・・・。」

 ビックリを通り越えて、気持ち悪くなってしまった。なぜ、他人の私物だとわかっていて、「返さなくていい」という発想になるのか。そういうわけで、私は約50個のマグネットを失った

 さて、残りの50個のマグネットだが、それらは別の勤務校に持って行って、講師室のホワイトボードにくっつけておいた。ホワイトボードにはたくさんの掲示物が貼られるのだが、強いマグネットは少なかったので、強風で掲示物が飛んでしまうことがあった。だから、強力なマグネットで、飛ばないように貼ろうと思ったのだ。

 そして、現在・・・そのホワイトボードに貼ってある私のマグネットは、残り3つしかない。なんと、この5年ほどの間に、何度かにわたって十数個ずつなくなってしまったのである。たしか、1か月ほど前の水曜日には15個ほどあったのだが、2日後の金曜日には3つしかなくなっていた。誰が持っていったんだろう?

 2週間ほど前、私は何人かの先生に「あれは私の私物です。校内のどこかで見かけたら、教えてください」と声かけをしていった。でも、今だに1つも戻ってきていない。

 そういうわけで、私は、複数の学校で私物のマグネットを100個ほど「盗まれた」わけである。「犯人」のみなさん、早く返してくださいませんか? または、マグネット代の約2000円をくださいませんか? なんなら、迷惑料も込みで5000円くらいくださっても可です? もし5000円くださるのでしたら、わたくし、もっともっと学校のために尽くしますよ?

                             < 完 >

超個人的 世界史雑談集: ある意味で珍しい話、集めました

夢日記 ~ オッサンやで ~

 知らない町で、私は電話をかけようとして、スマホをいじり始めた。そのとき、目の前にいた自転車に乗ったヤンキーの高校生っぽい女の子が、こちらをじっと見てきた。

 どうしたのかと思っていると、その女の子は、私に「オッサン?」と声かけてきた。私が「どうしたん?」と返すと、その女の子は再び「オッサン?」と聞いてきた。私が「じゃあ、何に見える? オッサンや」というように答えると、女の子は「オッサン、このままいったら、すぐ倒れるで?」と言った。私はオドオドしながら、指摘してくれた女の子に「ありがとう」とお礼を言った。

 その後、女の子は自転車で走り去っていった。私は、女の子の指摘が怖くなったため、電話をかけるのをやめて、すぐに帰ることにした。私のスマホには、3mほどの長いコードがついており、そのコードは駐車場の片隅にあるコンセントに刺さっていた。私は静かにコードをたぐり寄せて、コンセントを引き抜いた。

                        < 完 >

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録

夢日記 ~ すみっコ植木鉢 ~

 教室で生徒用のイスに座って机に向かっていると、どこからともなく「すみっコぐらし」の「すみっコ」たちの顔が乗った植木鉢がたくさん運ばれてきた。その植木鉢は、ひとつずつ生徒の机に置かれていった。植木鉢をよく見てみると、植木鉢にはキャプションのような紙がくっついており、その紙には“society”に似た謎の単語が書かれていた。

                        < 完 >

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録

夢日記 ~ マイクで何する? ~

 観光バスか何かの車内で、父・母・私の順で並んで座っていた。そこに、どこからともなくマイクが回されてきた。どうやら、歌を歌うなどして、車内を盛り上げろということらしい。

 まず、父が何かしらの曲を普通に歌った。そのあと、父は私にマイクを回してきた。私が何を歌おうか悩んでいると、父が「アレ! アレやったらええんちゃう?」と言ってきた。父が言う「アレ」というのは、私が暗記している般若心経のことである。しかし、私は、仏教の宗派の中には般若心経を唱える宗派と唱えない宗派があることを知っていた。また、バス内には、仏教以外の宗教の信者もいるかもしれない。そのため、私は「般若心経を唱えるのはよくない」と判断した。

 何もできることがないので、私は父にマイクを突き返そうとした。すると、そのマイクを母が受け取り、母がお経を唱え始めた。しかも、そのお経は、途中から文言がまちがっていた。私は、仏教以外の宗教の信者への配慮をしなかったうえに文言をまちがえた、無能な母を蔑んだ。

                        < 完 >

おもしろ夢日記: アラフォー男の15年の記録